yg201501_00

ヤングギター2015年1月号には、付録にスーパーギタリストの手形が付いているということで、話題になっているようです。

  • 高崎晃さん
  • ジョージ・リンチ
  • ポール・ギルバート
  • スラッシュ
  • スティーヴ・ヴァイ

の5人のうち、どれか1人のギタリストの手形が、ランダムで封入されています。

どれが入っているのかは、開けてみないと分かりません(シュリンク加工してあるので、隙間からも見れません)。

いつもより値段が高い・・・果たして、買いなのか?

しかし、手形が付いている分、いつもより値段が高いんですよね。

消費税が8%になった関係で、最近のヤングギターは税込み1,000円ですが、
今回の手形付きのヤングギター(2015年1月号)の値段は、税込み1,800円です。

たぶん

「手形が付いているだけで、800円も高くなってる!高いな~」

と思った方もいるのでは?

正直言うなら、わたしも「高い」と思いました。(ヤングギターさん、スミマセン・・・)

いやしかし、

「スーパーギタリストの手形に、自分の手を当てはめてみる経験なんて、普通に経験できることではないし、なんだかスゴいのかも?」

と段々思えてきたため、買ってきました。

こんな感じで、本におもいっきり付録の手形が挟まっていました。

yg201501_01

yg201501_02

個人的には、ジョージ・リンチ、ポール・ギルバート、スティーヴ・ヴァイのどれかが出て欲しい!

というのは、高崎晃さんもスラッシュも好きなんですが、ジョージ・リンチ、ポール・ギルバート、スティーヴ・ヴァイは、レガートで弾くのもバリバリなギタリストなので、そういう人の手と、自分の手を比べてみたいと思ったからです。

そして、出てきたのは・・・

yg201501_03

巨匠ジョージ・リンチ!!!

(心の中でガッツポーズ)

手形の素材はブリキなので丈夫です。

早速、自分の手を当てはめてみます・・・

あれ?

yg201501_04

もっと、自分よりも圧倒的にジョージ・リンチ先生の手の方が大きいのかと思ったら、意外とそうでもなかったです。

小指以外の指の長さは、同じくらいでした。

ただ、小指は1センチくらいジョージ・リンチ先生の方が大きくて嫉妬です。

手のひらの部分も、ジョージ・リンチ先生の方が大きかったです。

こう実際に手を当てはめて比較してみると、

「手が小さいから・・・なんて言い訳できないなぁ」

と思うと同時に、

「自分の手の大きさでも、結構いけるんじゃないのか?」

と思う部分もありました。

手形は思ったよりしっかりしたものでしたので、これだったら800円高くてもアリだと自分は思いました。

というわけで(?)、ヤングギター2015年1月号、おすすめです。

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2015年 01月号

ヤング・ギター2015年1月号(アマゾンで見てみる)

ヤング・ギター2015年1月号(楽天で見てみる)