メジャースケールの基本的なポジションと言うと、

■人差し指を軸にしたブロックポジション

■1本の弦につき3音ずつ弾いていくポジション

あたりが基本的なポジションの捉え方だと思います。

スケールは、どういうカタマリで覚えなきゃいけないとか、
シバリがあるわけではありませんが、

まずこの記事では、
「人差し指を軸にしたブロックポジション」
について書きたいと思います。

7つのメジャースケール・ポジション

まず、ポジションは7つあります。

なんのこっちゃない、メジャースケールが7音ですので、
7ポジションということになります。

メジャースケールのそれぞれの音を基準にポジションを考えると、
7ポジションになるというわけです。

major_scale_kakuon

6弦の人差し指の位置に「ルート音」が来ているポジションを、
ポジション1ということにして、

6弦上に並んだ各音それぞれに人差し指をおいて
弾いていくポジション
を載せていきます。

一応、赤の二重丸がルートです。

■ポジション1(Cメジャースケール)
major_scale_01

■ポジション2(Cメジャースケール)
major_scale_02

■ポジション3(Cメジャースケール)
major_scale_03

■ポジション4(Cメジャースケール)
major_scale_04

■ポジション5(Cメジャースケール)
major_scale_05

■ポジション6(Cメジャースケール)
major_scale_06

■ポジション7(Cメジャースケール)
major_scale_07

最後に、指板全体での図も載せておきます↓↓↓

■Cメジャースケール(指板全体)
major_scale_all
※クリックすると拡大します

いきなり全部覚えるのはシンドイかと思いますので、
覚えやすいのから覚えていくのがいいと思います。

メジャースケールのポジションが覚えられたかテスト

メジャースケールのポジションを覚えられたどうか、
下の図のどれかの1つの音を基準にして、メジャースケールを
弾いて行ってみると、覚えられたかどうか確認できます。

major_scale_test

ポジションが分からなくなったら、
上に載せている各ポジション図で確認して、
記憶を定着させていくわけです。

しかしそうは言っても、今までにメジャースケールのポジションを
覚えたことがない人は、すぐに覚えられるものでもないと思うので、

このページをお気に入りなどに入れていただいて、
毎日繰り返し練習してもらうのがいいかと思います(笑)

ちなみに、速弾きでスケールを上昇・下降するような場合は、
上記に挙げたポジションよりも、

1本の弦につき、3音ずつ弾いていくポジションとか、
あるいは、複数のポジションをつなげて弾いていくような
ポジションの方が使いやすいと思います。

1本の弦につき3音ずつ弾いていくポジションは、↓の記事でどうぞ。
メジャースケールのポジション:1本の弦につき3音ずつ弾くパターン

しかしポジション図がデカすぎたかな?w