音楽理論についての記事を書いていきたいと思っているのですが、
1から順番に書いていくのもとんでもない労力が必要なので(笑)、

とりあえず、頭から出てきたものから書いていきたいと思います。

ということで、ナチュラル・マイナースケールの
使いやすいポジションを載せておきます↓↓↓

■6弦ルートポジションの図(ナチュラル・マイナー・スケール)
tsukaiyasui_minor_scale001

薬指でスライドをして、ポジションをつないでいく感じです。

何が使いやすいのかと言うと、

tsukaiyasui_minor_scale002_1octave

↑基本的に、このポジションを
オクターブごとに組み合わせただけなので、

・覚えやすい

・小指を使わないで弾けるのでラク

といったところが使いやすい点です。

ちなみに、キーがAmの場合は、次のようになります。

■key=Amの場合の6弦ルートポジション(ナチュラル・マイナー・スケール)
tsukaiyasui_minor_scale003_6gen_Am

そのままストレートに上昇または下降して弾くのも一つの使い方ではありますが、
自分なりにメカニカルなパターンを作って弾いていくのも、
リニアにポジションを使っているように見えるのでいいと思いますよ。
また、5弦ルートポジションも覚えると、幅が広がります。

5弦ルートポジションの図(ナチュラル・マイナー・スケール)
tsukaiyasui_minor_scale004_5gen

5弦ルート・ポジションで上昇して弾いていくと、
6弦ルートのマイナー・ペンタ・ポジションが待っているので、
ロックギタリストには使いやすいポジションだと思いますw