pod_hd

ある賢人が言った。

「道具は、使いこなすことが出来なければ、ただのゴミである」

と。

まー、さすがにLINE6のPODが使いこなせないからと言って、
ゴミってことはないですし、使いこなせれば宝でしょうけど、

なかなかうまく使いこなせなくて、宝の持ち腐れになってしまっている方も、
いらっしゃるのではないでしょうか?

DTMなどで曲を作っていて、

「手軽に、良い音でギターを録音したいなー」

と思ってPODを買ってみたはいいものの、
自分の好みの音が作れなかったので、ホコリをかぶっている。

そんな状況の方も、いらっしゃるのではないかと思います。

こだわりが強すぎて、PODをいくらどういじっても
構造的に好みの音が出ないというなら、他の機材をあたるしかないのでしょう。

しかし、何かの音源を聴いて

「他の人は、PODでいい音で録音しているのに、
自分はうまく使いこなせてない気がするなぁ」

と思っているなら、今一度、PODを使いこなすことを
考えてみるのもいいのではないかと。

ここで、朗報です。

Line 6 PODシリーズの魅力を余すことなく掘り下げた本
『Line 6 PODパーフェクト・ガイド』が発売です!

この本の注目どころは、
色んなギタリスト風のセッティング・ガイドが載っている上に、
さらにCD付きで音まで確認できるということです。

つまり、CDを聴いて、気に入った音があれば、
そのセッティングを真似してしまえば、
それなりに満足できる音で録音できるのではなかろうかと。

(もちろん、PODの設定が同じでも、ギターを弾く人も違えば、
POD以外の機材の違いがあるでしょうから、
全く同じ音が出るということはないでしょうが。)

収録されているのは、

ヴァン・ヘイレン
イングヴェイ・マルムスティーン
MR.BIG
ヴァイ
オジー・オズボーン
ドリーム・シアター
ガンズ・アンド・ローゼズ
クイーン
ディープ・パープル
などのハードロック系。

レッド・ツェッペリン
エリック・クラプトン
ジェフ・ベック
ジミ・ヘンドリックス
スティーヴィー・レイ・ヴォーン
などの大御所ギタリスト。

AC/DC
ザ・ビートルズ
ザ・ローリング・ストーンズ
キング・クリムゾン
ザ・ポリス
シック
オアシス
レディオヘッド
U2
ニルヴァーナ
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
ミューズ
などのバンド風のサンプルもあれば、

さらに、
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
アイアン・メイデン
メタリカ
KORN
リンキン・パーク
アーチ・エネミー
スリップノット
などのヘビーなバンドもあり、

はたまた、
ONE OK ROCK
凜として時雨
9mm Parabellum Bullet
BUMP OF CHICKEN
Mr.Children
Hi-STANDARD
SIAM SHADE
東京事変
JUDY AND MARY
いきものがかり
SCANDAL
L’Arc~en~Ciel
the GazzettE
X
B’z
布袋寅泰
などといった、日本のアーティスト風のサンプルも収録されているとのこと。

個人的には、スティーヴィー・レイ・ヴォーン風のサウンドサンプルが、
どの程度の再現具合なのか気になりました。

いやー、しかしまあ、よくまあ
これだけのサンプルを収録しましたね。

これ作った方は、相当耳がいいに違いない。

※ちなみに、上にはアーティスト名しか載せてませんが、
実際にはどのアーティストどの曲風なのかまで書いてあります
(例えば、ヴァンヘイレンの『パナマ』だとか)。

曲名などの詳細は、下のリンクからどーぞ。

Line 6 PODパーフェクト・ガイド (CD付)

Line 6 PODパーフェクト・ガイド (CD付)