「メトロノームを使って練習するの、めんどくせ!」

そんなことを考えてしまって、普段、ギターの練習で
メトロノームを使っていない。

そんな方へ、

『ギター練習時に、メトロノームを使わずにはいられなくなる、
メトロノームについての考え方』

についてお伝えしたいと思います(あくまで、わたしの考え方ですけども)。

メトロノームを使わないということは、そもそもどういうこと?

さて、メトロノームを使わずに練習するというのは、
そもそもどういうことでしょうか?

それは、メトロノームを使わないということは、

リズムは適当でもいい状態で練習している

ということを意味します。

リズムが適当でもいいということは、
リズムに合わせて弾かなければならないという
シバリ(制限)がないということです。

シバリがないということは、ゲームで言うなら、
イージーモードでプレイしているようなものです。

metronome_aru_nashi

イージーモードでばかりプレイしていたら、
ノーマルモードにうつったら、あっという間にゲームオーバーです(゚Д゚;)

これをゲームじゃなくて、ギターに置き換えると、どうなるでしょう?

メトロノームでリズムに合わせて弾く練習をしていないと、
いざ、リズムに合わせて弾かなければならなくなった時に、

ハシッたり、モタったり、そもそもリズムに合わせられなかったり、
ということになってしまいやすくなるわけです。

普段からリズムに合わせて練習してなかったら、
そうなってしまうのも自然の流れなのですたい(~_~;)

というわけで、

「メトロノームを使わず、適当なリズムで練習しているということは、
楽な状態で練習してしまっているんだぞ」

という風に考えれば、多少面倒でも、メトロノームを使って
練習する気になるのではないかと思います。

ちなみに、おすすめのメトロノームは、下記の記事↓↓↓にてご紹介してますので、よろしければ参考に~。

ギター練習におすすめのメトロノーム。コレが良かった。